インプラント認定医 埋入実績2,000本以上

蕨市のインプラントならわらび駅前歯科HOME> 歯周病治療

歯周病治療

歯周病とは

歯周病は、歯科の三大疾患の一つで日本人に多い病気です。虫歯にならないよう歯を守る事も大切ですが、歯を支える歯茎もとても大切です。 症例は、歯を支えている歯肉や顎の骨が、化膿したり破壊されたりする病気です。 歯周病は限度を越えてひどくなるとどんなに一生懸命に治療しても手遅れになります。治療に早すぎるという事はありません。 あまりひどくならないうちに完全に治療する事が重要です。
また、歯周病が原因で血液中に菌などが流れ出し内臓などにも影響を与えることもあります。 喫煙や食生活、ブラッシングなど歯周病の原因はさまざまです。そういった点から、歯周病は生活習慣病とも呼べるでしょう。

歯周病の原因とは?

プラーク

プラーク

歯石(染め出し)

歯石(染め出し)

歯周病の直接的な原因はプラークですが、その他さまざまな因子が関わっていると言われています。 プラークは虫歯や歯周病の原因となります。食べかす(歯糞)のように思われがちですが、 そうではなくて虫歯菌や歯周病菌をはじめとするさまざまな微生物のかたまりで、プラーク1㎎の中に1億個の微生物がいると言われています。 歯周病はその中の歯周病菌が引き起こす病気なのです。

歯周病の感染の経過

図:歯周病の感染の経過

歯周病治療

歯周病の予防には、歯ブラシによるブラッシングやキシリトールガムを噛んでいるだけでは不十分です。 総合的な対策として、規則正しい生活習慣が大切です。
歯周病は不注意で簡単になってしまいます。歯周病になってからでは、治療も容易ではありません。 その為にも、きちんとした予防を行う事が大切です。

歯周病の禁忌症になっている喫煙を制限することも予防の一つです。
また、定期的に歯科医院に通い、歯石除去、PMTC(クリーニング)などのプロフェッショナルケアを受けましょう。

PMTC

図:PMTCの流れ

正式名称を プロフェッショナル メカニカル トゥース クリーニング と言います。
すみずみまで綺麗に磨いているつもりでも、ご自宅のブラッシングではどうしても限界があります。
歯にはどうしてもプラーク(歯垢=バイオフィルム)が貼りついてしまうものです。 他の分野のものと区別され易いように、歯科ではプラークバイオフィルムと言う場合もあります。

このプラークを取り除くために、専門の器具を用いて徹底的に研磨、清掃、虫歯を事前に防ぐのがPMTCです。 普段ご自分で磨くことができる外側の歯はもちろん、歯と歯肉の間や、歯と歯の間も専用の器具を用い、徹底的に清掃します。
医師の指示を仰ぎ、自宅では出来ないPMTCや予防管理、治療・処置をしましょう。

歯周病で歯を失ったしまった場合に

もしも歯周病によって歯を失ってしまった場合に当院ではインプラント治療をお勧めさせていただいております。 失われた永久歯は残念ながら二度と取り戻すことができません。

ですが、「噛めること」の喜びや便利さまでも失ったままにしておくことは、あなたの人生にとって大きな損失ではないでしょうか?

従来、失った歯の修復法として、ブリッジ、取り外し式の部分入れ歯、総入れ歯が利用されてきました。 しかしこうした代用品を口の中にしっかり固定するには、隣の歯を削らなければならないといった問題がありました。

また従来の方法では、失われた歯根までをも回復させる術はなく、歯が失われたことによってできた顎の中の骨の空洞は放置されたままで、 やがてはこの歯根の喪失による骨の空洞によって顎骨が萎縮する危険がありました。

それによって噛み合わせが悪くなり、食事の時に噛んで味わえる喜びがなくなったり、 頭痛、首や肩こりなどの体調不良や病気に繋がる可能性が生じます。当院では基本的に患者様のニーズを尊重いたしますが、 永久歯を失われた方には、第2の永久歯と呼ばれるインプラント治療をお勧めさせていただいております。

従来の治療とインプラントの違いについて

ブリッジとの比較

ブリッジ インプラント

ブリッジの場合には周りの歯を削ってブリッジにするため、他の健康な歯も削られてしまいます。 又、ものを噛む時に歯のない部分の負荷を周りの歯で負担するため健康な歯が傷みやすくなります。 しかし、インプラント治療の場合には健康な歯を削る事が無くインプラントを入れます。 又、ものを噛んだときの負担を周りの歯に与えなくて済みます。

部分入れ歯との比較

部分入れ歯 インプラント

入れ歯の固定をするために金具を健康な歯に被せるため違和感があります。
また、入れ歯と歯肉の間に食べ物のかけらが入った場合痛みを伴う事があります。
入れ歯のような金具ではなく適切な本数のインプラントを入れてしっかり固定するので違和感も無く食べ物のかけらが入る心配もありません。

総入れ歯との比較

総入れ歯 インプラント

総入れ歯の場合、入れ歯を固定する力が弱く、ぐらついたり、ずれたりします。 そのため、食べ物を噛むために充分な力をかけることができません。
一方でインプラントでは、入れ歯は顎の骨に固定され、力を入れて噛むことができます。 食感も天然の歯に近く、食べる楽しみを取り戻すことができます。