インプラント認定医 埋入実績2,000本以上

蕨市のインプラントならわらび駅前歯科HOME> 一般歯科

一般歯科

虫歯治療について

虫歯とはミュータンス菌のつくる歯垢(プラーク)によって歯が溶かされてしまう病気です。 虫歯は怪我などとは違って自然に治ることがなく、放っておくとどんどん悪化してしまいます。
通常、程度によってC1~C4に分類されます。

C1:歯の表面(エナメル質)の虫歯

自覚症状はなく、痛みもありません。

C2:歯の中(象牙質)の虫歯

歯の中(象牙質)の虫歯

冷たいものや甘いものを食べたり、飲んだりしたときに、しみたり、痛んだりする段階です。 治療は虫歯の部分を削り、詰め物(インレー)で保護します。

C3:神経まで進行した虫歯

神経まで進行した虫歯

この段階までくると、激しい痛みを感じます。この段階では神経をとる治療が必要となります。 神経の治療後、被せ物(クラウン)を装着するのが一般的です。

神経をとった歯は、次第に変色して割れやすくなるので未然に破折を防ぐ目的で患歯の周り全体を2mmほど削らなくてはなりません。最終的には患歯全体にすっぽり被さる人工歯が入ります。
枯れた木は弾性がなくなり折れやすくなるのと似ています。

C4:歯の根まで進行した虫歯

歯の根まで虫歯が進行すると、化膿して膿がたまったりします。最悪の場合、抜歯が必要となります。 抜歯後の選択肢としては入れ歯やブリッジ、そしてインプラントなどがあります。

一般歯科Q&A

Q3.他の歯医者(美容外科の審美歯科など)のホームページで見たのですが、 2~3回の通院で歯並びが完治すると書いてありましたが、本当にそんなことが可能ですか?

A 症状にもよりますが可能です。

Q4.神経が無い歯が痛いのはなぜ?

A その歯の歯周組織(歯肉や歯根膜)には神経があるので、痛くなることはあります。

Q5.キシリトールの効果は?

A 虫歯の原因菌であるミュータンス菌は口腔内において砂糖のみからプラークを合成することができます。 代用糖であるキシリトールは砂糖と同程度の甘さがありながらミュータンス菌に利用されません。 キシリトールは1997年4月より食品添加物として認可された、非ウ蝕性(虫歯にならない)の甘味料です。

普通の砂糖の場合、糖をミュータンス菌が発酵させ酸を作り出します。 その酸が歯の表面のエナメル質を溶かし、虫歯になりますが、キシリトールは口腔中の細菌による発酵を受けつけないため、 虫歯の原因である酸そのものを作りません。さらにキシリトールはミュータンス菌を弱体化させ、 プラークの増殖を抑えるという効果があります。そのため、甘味料としてキシリトールを使用した食品は、 甘味度は砂糖とほぼ同等にもかかわらず、虫歯の発生を防ぐことができるのです。

Q4.グラグラしてる歯があるのですが、抜いた方がよいですか?

A グラグラしてる度合いにもよります。 歯周病の度合いはP1~P3までで表現されますが、P1で抜歯することはありません。 P2でも治療や連結固定などによって安定が見込めます。

P3ではどんな名医が治療しても噛めるようになるまで回復することは絶対にありません。 いつまでも抜かずにいるとその歯だけでなく、両側の歯に感染したり、顎の骨も溶けてしまいます。

なるべく自分の歯を抜きたくない気持ちはわかりますが、P3まで歯周病が進行してしまったら早期の抜歯をオススメします。 何でもかんでも抜かない治療が良い歯科医とは限らないのです。

Q5.親知らずを抜いた後の痛みは?

A 簡単な抜歯であれば4~5日で痛みは無くなります。 しかし歯が半分以上、歯肉や骨に覆われている場合、歯肉切除と骨を削除して埋まっている歯を抜くので 抜歯部位の傷口も大きくなります。この場合痛みは約2週間続き、痛みの度合いも比較的大きいです。

Q6.治療が完了した歯は2度と痛くならないですか?

A 歯といえども体の一部ですから体の病気と同じように1度治っても、 数ヵ月後に再発したり痛くなることは当然あります。

その他Q&A

Q1.他の歯医者で詰めた銀歯を白くできますか?

A 前歯部の隙間や奥歯であれば小さい銀歯に限り、保険の範囲で当日中に1回で白くすることが可能です。 大きな銀歯の場合、自費治療で通院回数が2回~3回です。

術前 術後

Q2.歯が抜けたまま放置するとどうなりますか?

A 隣の歯や噛み合っていた対合歯が移動して、歯並びや噛み合わせが悪くなったり、 隙っ歯になる場合があります。
例えば下顎の奥歯が抜けたままにすると上顎の奥歯が伸びてきて下顎の歯肉にぶつかるまで落下してくることがあります。